「SR情報」で、企業のホントの実力と将来性を考える就活プレサイト

始めに

業界研究

業界研究の目的は、その業界の特色を知り、自分の志望する業界の全体像をつかむことが目的です。業界によって平均的な売り上げや、1つの商品を販売したらいくら手元に残るのかを表す、利益率などが変化してきます。

例えばスーパーなどの小売業ですと100円の品物を売ると1.5円くらいが自分のお財布に入ってきます。一方で、銀行、信託などですと100円の品物を売ると8円ほどが入ります。

また、業界には、リーダー、キャッチャー、フォロワー、ニッチャーという呼ばれ方での立ち位置があります。それぞれ、リーダーは業界を引っ張っていく存在、キャッチャーはリーダーに追い付こうとしている存在、フォロワーはそれら2つの存在をフォローする存在、ニッチャーは専門分野に特化する存在と表せます。どの立ち位置であっても日々企業は努力を積み重ねています。

結局どちらがいいかは自分自身で判断しなければいけないことですが、自分で企業を選ぶことが出来れば、納得のいく就職活動ができるのではないでしょうか。

TOP